岡山浪漫街道

通常版はこちら

2013年6月11日
by okayamaview
0 comments

AV女優とイチャイチャ

岡山風俗!皆さん堪能されていますか??
風俗でたまに楽しいのは、現役AV女優やポルノ雑誌のモデルが在籍しているお店も少なからずあるトコロ…。
もちろん岡山にも同様の豪華サービス店ございますので!皆さんもぜひぜひ探してみてください。

今回紹介しようかな~と思ってる風俗サービス店もズバリそんな感じで、現役のAV女優がお店に在籍されています。
こういう風俗の業界ってAV系のプロダクションがその他のサービス店経営してるとかっていうこともあるので、そういう関係なのでしょうか?まあ違うのかもしれません!
とにかく!そんな感じでご紹介するのが、クラブドールというデリヘルのサービス店。
こちらにも現役AV女優がいらっしゃるということで、必要な予算さえ揃えばいつでもイチャイチャしてもらうことが可能です。

デリヘルっていうことで、自宅とかに派遣して来てくれるっていう辺り嬉しいですよね?しかもAV女優が来てくれる!
AVに出て活躍できちゃうほどの女の子!容姿はもちろんサービス・テクの方も満足間違いないことでしょう。
またこのお店には、多少こういう世界に慣れているであろうAV女優はもちろん、素人系の女の子も楽しめるのでより魅力的です。
サービス費用も60分10,000円ポッキリとお手頃なので、岡山でデリヘルしたいとなった際には、ぜひ利用されてみてください。

2013年4月17日
by okayamaview
0 comments

SMもある!

岡山の風俗まだまだたくさん紹介していきますよ!
風俗業界ではちょっと異色のジャンルになるSM倶楽部!これも岡山の中にあります。

SM倶楽部っていうのは本当に特殊な世界で、一般的な性風俗の中で求められる快楽とは、また形がいろいろ違うように感じられるんですよね。
一般的な風俗サービスで求められるのは男性客が女性スタッフに提供してもらう肉体的な性サービス…。
SM倶楽部も同様に見えなくもありませんが、快楽を感じるのは肉体の満足というよりは、SとMの関係による精神的な満足である面も強いのです。

普段ふつうのプレイをされているという方でも、本質的にはSとMのどちらかに別れることがあると思うので、風俗サービスでもSM倶楽部にハマれるかもしれませんよ?
SM倶楽部に在籍する女性はSの女王様とMのM嬢と2つに分かれているので、自分Sだなあと思われる男性はM嬢指名で、自分Mだなあと思われる男性は女王様を指名してください。

プレイ内容は風俗っぽい性的な面もちろんありますが、罵声付・拷問器具オプションなど、いろいろ楽しめる要素はたくさんあると思いますよ!
岡山のSM倶楽部で自分に合った新世界が開けたという方は、ぜひ通販などで個人用のSMグッズを買うなどもされてみてくださいね!

2013年3月19日
by okayamaview
0 comments

外人系も楽しめる

桃はもちろん岡山は吉備団子なんかもとても美味しくて良いところですよね。
でもやっぱり花より団子、団子より女の子ということで、吉備団子以上に美味しい女の子がいっぱいです。

今回紹介しようかなと思うのが、岡山県のヘルスの中でも外人系のヘルス。
岡山にはドイツ村なんて観光地もあるのでドイツ人女性かな?と思いましたが、普通にいろんな国籍の女性がいらっしゃるご様子です。

外人ヘルスというか風俗嬢の見どころはやっぱりその身体!ナイスなボディというやつだと思います。
骨格からけっこう違う感じなんですが、肌の色もそうだし全てにおいてエロ過ぎる!
岡山は風土も良くて観光するにもたくさん行くところがあるので、もし現地を訪れる機会があるという方は外人系のクラブも利用してみてくださいね。

黒人系の女性も白人系の女性も美人ばかり!もちろんアジア系の女性もたくさんいるので、好みの国の女性をよりどり堪能することが可能です。
店舗の紹介写真などで見れる女性の写真も堪らんばかりの巨乳・爆乳女性ばかりなので、覗いてみるだけでもオオッ!となりますよ!

あの柔軟な四肢の長いカラダに雁字搦めにされたいという方は、もういますぐ岡山に走るしかありませんね!

2012年11月27日
by okayamaview
0 comments

桃色!

岡山県といえば、桃太郎のイメージが強いですよね。

桃太郎……桃……ピンク……と連想すると、なんだか卑猥な幹事ですね♪

桃で有名なこの地の女性の桃色な部分を是非堪能してみて下さい☆

例えば桃尻……程よく肉付き、丸みを帯びた尻は、思わずむしゃぶりつきたくなりますよね!
本物の桃にも負けないみずみずしさと柔らかさ!

そんな桃色エッチな人妻が集うサイトがあるのです。その名も桃色人妻倶楽部。
どんなところが桃色なのかしらとゲスイ考えが頭をよぎりますねwwww

確かめたくはありませんか?自分は確かめたいです!!!

ちなみにこちらの風俗、なんともお色割引という割引が存在します!!!

この割引を使っちゃえば、対象のコンパニオンを六十分一万円で堪能できちゃいます☆☆

いろんな所にムシャブリついちゃってくださいな☆

桃よりも甘くてジューシー。
その甘美な味を味わえば、もうあなたも岡山の虜です!

この店ではよりすぐりの人材しかいないんですよ!
ええ、もう店長が本物しかいないと言い切っております。

こんなに素敵なお店、行かなきゃ損ですよw

岡山県に来たなら是非、桃色人妻倶楽部をご利用下さい!!

2012年11月8日
by okayamaview
0 comments

中央町

岡山県の中央町といえば、随一の繁華街であり、歓楽街であります。

ということは、当然風俗なども豊富にあります!

男性陣の天国、その名も竜宮城という店舗ヘルスが有名ですね。

こちらは岡山市内でたったひとつしか無いファッションヘルスのお店です。
かなりレアですねぇ。

しかも営業は何と25周年。老舗の中の老舗です。

風俗なんてサービスや女の子の室が悪ければすぐに寂れてしまうもの。潰れたお店は数知れず。
そんな中でこの様に生き残っているということは、それだけ魅力的なお店であることが窺い知れると言うものです。

これは期待大です。

岡山市の中心部にあるからかなり便利ですね。
市電新西大寺待筋より徒歩一分です。

交通の便が良いし、繁華街なのでお腹も満たされます。

女の子もいろんな子が取り揃えられていますよ~~。

ちなみに基本料金は45分9000円から10000円なり!
これは結構安いですよ。

お店の雰囲気も気さくでアットホームな感じで入りやすいですが、値段的にも入りやすいですよね!

完全個室ですのでばっちりとくつろげます。
しかもすべての部屋にシャワーもついてます。

女の子と二人でまったりいちゃいちゃできますよ~~。

2012年6月6日
by okayamaview
0 comments

岡山市

県庁所在地の岡山市にも風俗街があります。観光客も全国からやってくるので賑わっている風俗街が形成されています。

 

岡山の一番の市街地の表町はさまざまな表情を持っています。伝統的な街ですが商店街があったりして北側から南に上之町仲之町、下之町、栄町、紙屋町、西大寺町、千日前、新西大寺となっていて表八ヶ町と呼ばれています。

この表八ヶ町の東側の裏通りがバーや喫茶店の多い街となっています。昔からこのあたりにはスナックやバーが立ち並んでいます。夜お酒を飲みたい時にちょっと立ち寄ってみるのもいいのではないでしょうか。

 

千日前商店街は南北に連なっている商店街の一部です。商店街の一番南側に位置しています。

この商店街のさらに端っこには岡山日活があります。

日活というとロマンポルノで有名ですね。

この映画館も予想を裏切ることなく成人映画のポスターが貼られています。

入場料金は一般が1500円。女性や大学生は1200円。シニア、身障者が900円という料金設定になっています。

 

全国各地の成人映画館が閉館に追い込まれています。

むかしはこのような映画館には大学生などの若い人がよく入っていたそうですが今はなんだか暗くて後ろめたいところのようなイメージがあるため、成人映画館に入る若者はほとんどいません。このようなところへ行かなくても自宅でポルノはいくらでも見ることができます。

映画館に入るのは高齢の労働者ばかりだと言われているようです。

 

しかし一部のサブカルチャーファンが成人映画に注目したり、女性が興味を持ったりするという流れも生まれてきているようです。

そのためにこの岡山日活も女性料金や学生料金を設定しているのかもしれませんね。

この雰囲気をいつまでも残していてほしいなと思います。

 

岡山市内にはソープランドもあります。ポルノをみたらソープで遊んでいくのもいいのではないでしょうか。

2012年6月6日
by okayamaview
0 comments

笠岡

笠岡もかつて遊郭があった地帯です。その名残と思われる建物が沢山残っているんですよ。

何も知らない人がみたらただの古い木造の建物だと思うかもしれません。しかし、よく見るとタイルで装飾されていたり二階建てで窓のところに手すりがついていたりして遊郭建築の特徴を備えていることがあるんです。

 

遊郭の地帯を歩いていると面白い変わった建物をたくさん見つけることができます。

この笠岡遊郭の中心部のあたりには病院として使われていた建物もあります。これも赤線跡の建物の特徴を兼ね備えている建物でその建物が最初から病院として使われていたのかそれとも遊郭の建物が病院として使われるようになったのかはわかりません。

 

一階部分の入り口のところには円柱がありとてもモダンな作りになっていて病院とは思えません。丸い小窓もあったりします。

 

内部はしかし受付があって病院そのものの建物になっています。このあたりで働いていた遊女もこの病院に通ったのかもしれませんね。

 

この病院の周辺にはほかにも少し変わった建物があります。

窓の枠にタイルの装飾がある洋風の建物などが特徴的です。いろいろ探してみると他にも面白いものが見つけられそうですね。

2012年6月6日
by okayamaview
0 comments

玉島

とにかく岡山は古い町並みがあちらこちらに残っていて見所が多いです。

人気のALWAYS三丁目の夕日の映画のロケ地になった場所が玉島にはあります。たくさんの水門があり、今ではほとんどが残っていないのですが、そのなかでも形が残っているのが港水門です。ここでALWAYSの撮影がされたそうです。

 

ノスタルジーを喚起する映画が撮影されただけあってどこそこで懐かしい風景があります。通町商店街を歩くととても古い建物が沢山あります。商店街のアーチのところにも「思ひ出」といういい名前のパチンコ屋の跡地があります。

 

玉島市の南側にある天満町にもかつて遊郭があったようです。港町ということからこのようにたくさん岡山には遊郭ができたのでしょうか。

旅館や料亭として使われていたと思われる大きな建物がありますが、売り物件という看板が貼られています。その後誰かの手に渡ったのでしょうか。ちゃんと保存して使ってくれる人のところに渡ればいいのですが。

アパートや旅館、なにかの施設に生まれ変わるといいですよね。

天満町の公会堂はとてもモダンな作りの建造物です。

 

また、通りを進むと木造には珍しい三階建ての建物があります。今にも崩れそうですが不思議なバランスを保って建っています。住宅建築法的には大丈夫な物件なのでしょうか。二階と三回分には窓に手すりが付けられていかにも遊郭建築風の趣があります。

 

仲買町から西町のあたりは町並み保存地区に指定されています。歴史的に価値があるとされている遺構に関しては看板で記されています。

川があるわけでもないのに橋のようなものがあるところがあります。ここの石に刻まれた文字を読んでみると「夢の浮橋」と書かれています。ここを渡った先に遊郭があったそうです。

それから遊郭が途切れたところにも同じようなものがあり、それは「地獄橋」と呼ばれていたそうです。

 

羽黒神社の石段の脇には昭和2年からある老舗の銭湯である「みなと湯」があります。これはとても目立つ赤茶色の建物でとてもモダンです。

入り口のところには暖簾がかけられていてこれがまた度派手です。

 

中に入ってみてもレトロな雰囲気です。脱衣所の木製のロッカーには白い文字で数字が書かれていて年季の入った雰囲気を感じさせます。

 

また、浴室にはペンキで絵が描かれていて地域の商店の看板が貼られています。創業当時からの雰囲気がそのまま残されているようです。

2012年6月6日
by okayamaview
0 comments

日比

玉野市の日比にもかつては遊郭があったそうです。

こちらも北前船の寄港地でした。そのために船乗りたちをもてなす遊郭が発展したと考えられるでしょう。

日比港の背後には日和山があり日比の遊郭から女たちを釣れ出した船乗りがここで日和申しとして飲食を楽しんでいたと言われています。なんだか草上の昼食のような光景を想像してしまいますが一体どのようなものだったのでしょうか。

 

遊郭は海岸線に沿って形成されていたそうです。

日比の遊郭跡にも古い建物が残っています。妓楼と思われる木造の建物があり、二階部分には手すりがあります。今にも遊女が顔をのぞかせるのではないかと思ってしまうような趣が感じられます。

 

山側の通りを歩くと元旅館だった建物があります。これはとても繊細で美しい格子のあるのが特徴です。また、現在でも屋号は残っています。菊正宗と書かれていて最近まで営業していたのではないかと思われます。

このような古くて立派な旅館に泊まってみたいとも思いますね。

 

八千代湯という銭湯の建物が残っているのですが、この銭湯は現在は営業していないようです。残念ですね。

女湯の表示だけが銭湯であった形跡を遺しています。

2012年6月6日
by okayamaview
0 comments

下津井

下津井にも遊郭があったそうです。

下津井も瀬戸内を代表する近世になってからできた港町です。古い町並みが残っているエリアの入口となっているところには「まだかな橋」の碑が建てられています。

この碑によるとここには北海道や各地から特産物を積んだ船が寄港してきたそうです。日が暮れてくるとこの橋の袂に立っているおばあさんが船頭や船乗りの男たちに向かって「まだ(遊郭に上がらん)かな」と声をかけていたそうです。それがいつしかこの橋のな前になったと言われています。

おもしろいですが、地元の子供達にはこの話は説明しづらいかもしれませんね。

 

祇園神社はとても見晴らしがいい神社です。神社があるのも遊郭跡には欠かせない条件ですね。

稲荷神社などがあることが多いのですがここは祇園神社です。遊郭の近くに作られる神社は京都の祇園に習って「祇園神社」という名前になることが結構あります。ここもそれと同じなのでしょうか。

 

神社の石段を登ると瀬戸内海と瀬戸大橋を一望することができます。

また、祇園神社の玉垣には商人などの名前にまじって寄付をした遊女や芸妓の名前も混じっています。

 

下津井港に船が来るようになったのは18世紀後半からのこと。秋になると何十隻という船が船団を組んでやってきたのでその船乗りたちをもてなすためにこのあたりではてんてこ舞いになったそうです。地元の遊女だけではなく他の港からも応援を求めていたりしました。また、街の素人娘も駆り出されたりしたそうです。

 

街をあるいてみるととても古く興味深い建物が沢山残っています。

下津井の花街は祇園神社の裾野あたりに広がっていたそうです。元遊郭と思われる建築が今も住宅街の中に残っています。

 

下津井は海岸線に沿って道が広がっていてその両側に街が形成されるという典型的な港町の形をしています。

しかしそれ以前には背後の丘陵にそって生活空間がひろがっていたんだそうです。

今でも坂道にそって集落が形成されているために中世から続いている街の成り立ちを感じることができます。